GOKUMINコラム
寝具相談室

【2024年】腰痛対策におすすめのマットレスとは?腰が痛くなる原因と改善法を解説

朝起きると腰が痛い。ベッドから起き上がれない。こんな症状にお悩みの方も多いのでは?
腰痛の原因は『腰椎椎間板ヘルニア』『腰部脊柱管狭窄症』『骨粗しょう症』などの病気、そして重いものを持ったり無理な姿勢で筋肉に負担をかけることで発生する『筋筋膜性腰痛』、いわゆるぎっくり腰が代表例として挙げられます。

しかし最近は病気ではないけど、朝起きたときだけ腰が痛いという人も多いそう。
朝だけ腰痛の原因はいったい何なのでしょうか?

朝起きると腰が痛い原因は?

ベッドで起床時にだけ腰痛がする。しかも日に日に悪化する。
そんな症状で苦しんでいる場合は、寝る時の姿勢と寝具に痛みを増加させる原因がある可能性が高いです。

腰に負担のかかる寝姿勢をしている

朝だけ腰痛の原因として最初に考えられるのは『寝姿勢』です。
わたしたちは寝る時、無意識で寝心地がいいと感じる寝姿勢をとったり、寝具をサポーター代わりに使ったりすることがあります。
その代表格として挙げられるのが、うつぶせ寝です。

うつ伏せに寝ている女性

うつぶせ寝には気道を確保して呼吸を楽にし、いびきを防ぐというメリットがあります。
しかし姿勢としては腰の骨が反り返るようになってしまうため、筋肉にストレスがかかって朝起きた時の腰痛につながることも。
また寝る時に腰痛を感じる方がやりがちなこととして、痛みを和らげるためにクッションを腰に敷く行為。
これは一時的に痛みが楽になっても、こちらも寝ている間に体圧のかかり方が偏ってしまうため、朝になると症状が悪化していることが多いのです。

寝具の通気性が悪い

腰痛を防ぐためにもう注意したいのは、敷寝具の通気性です。
わたしたちがひと晩にかく汗の約70%は、マットレスなどの敷寝具が吸い取ります。
寝具に移った汗の水分は生地から素早く空気中に放出されて、寝具はサラサラの状態に保たれるのですが、機能が低下していると湿気を帯びた状態になってしまうのです。

このような寝具を使っていると、睡眠中に汗をかくたびに寝具内の湿度が上昇し、水分が蒸発する場所を失ってカラダにまとわりつきます。
そして汗が蒸発する時に気化熱が発生して、カラダの冷えにつながるのです。
このような寝具環境で寝ていると、腰痛が悪化するリスクが高まることは言うまでもありません。
もしマットレスや敷布団が湿っていて、天日干しや陰干しをしても状態が変わらない場合は、機能が低下していると判断して、新しいマットレスに買い替えましょう。

マットレスがへたっている

もう1つチェックしたいのが、マットレスのへたり具合です。
劣化してカラダを支えられなくなった寝具で寝ていると、寝返りが打てなくなり、腰に体圧が集中してしまいます。
朝起きた時に感じる腰痛は、こうした機能低下が引き起こしている可能性が高いですね。
どんなに高価なマットレスや敷布団でも、使用期間が長くなると必ず機能が低下すると覚えておきましょう。

高反発マットレスを手で押さえている画像

へたっているかのチェックポイントは、手で押したらもとの形に戻るかどうか。
試しに今使っている敷布団やマットレスの腰が当たる部分を手で押して、もとの形に戻るかチェックしてみてください。
もし、押された状態のまま戻らないようでしたら、それは寝具がへたっている証拠です。
腰痛持ちの方は寝ている間に大きなダメージが加わりますから、応急処置としてくぼんだ部分に畳んだバスタオルを敷いて、腰にかかる圧力を軽減してください。
腰の違和感がなくならなかったら、バスタオルの上にフェイスタオルを重ねて、周りと同じ高さになるように調整してみましょう。

腰痛が改善しない場合は高反発マットレスに買い替えよう

一般的にあおむけや横向きの姿勢で寝たとき、腰部には体重の44%程度(肩甲骨付近は33%)の圧力がかかります。
腰に負担がかからないためにも、体圧がしっかり分散されるマットレスや敷布団に買い替えるべきです。

最近は、睡眠の質にこだわる人が増えたこともあって、さまざまなタイプのマットレスがお手軽価格で購入できるようになりました。 しかし、マットレスに横になった瞬間の感触が良くても、反発力が低いために寝返りが打ちにくいとか、体圧分散が適切にできていない場合、腰に大きな負担がかかってしまうんです。
このようなトラブルを避けるためにも反発力や通気性だけでなく、耐久力も高い『高反発マットレス』を使うことをおすすめします。
腰などに体圧が集中することが避けられますし、疲労回復に欠かせない寝返りもしっかりサポートされます。
今までとは比べ物にならないぐらい質の高い睡眠が得ることで、腰痛改善・腰痛対策にも間違いなくつながるでしょう。

腰痛持ちに低反発マットレスが向かない理由

高反発マットレスをおすすめしてきましたが、コラムを読んでいる人の中には低反発マットレスに興味を持っている、もしくは現在使っている人もいるかもしれません。
包み込まれるような寝心地が人気の低反発マットレスですが、実は腰痛持ちの方が使うと症状が悪化することがあります。

低反発マットレスに手形が残っている画像

体型や個人差はありますが、私たちが仰向けでマットレスに寝た時、腰には体重の40%ぐらいの圧力がかかります。
この加圧が睡眠中ずっと続くので、適度に寝返りを打って体圧を分散するのが好ましいとされています。
しかし低反発のような体が沈み込むマットレスの場合は寝返りが打ちにくく、より多くの圧力が腰にかかります。
すると周辺の血管が圧迫されてしまい、腰の筋繊維から炎症物質が分泌されて、痛みを発生させます。
寝返りを打つときはかなりの筋力を必要としますから、特に男性より筋肉が少ない女性は腰痛に悩まされる傾向にあるのです。
また寝返りが打ちにくくなると、腰の骨をつないでいる靭帯が次第に緩んできて、関節が不安定になることも。
これによって起床時だけでなく一日中腰痛を感じるようになり、症状が悪化すると日常生活にも支障が出る危険性もあります。

もしも低反発を使っていて腰痛に悩んでいる方がいたら、一度硬さのある高反発マットレスを試してみることをおすすめします。

GOKUMINおすすめの腰にいいマットレス4選

それではここで、GOKUMINがおすすめする腰に負担のかかりにくい高反発マットレスをご紹介していきましょう。

最上級の寝心地を体験したい方

リバーシブル高密度スプリングマットレス


リバーシブル高密度スプリングマットレス 34,998円

最上級クラスのコイル数で理想的な寝姿勢を叶えた、極上マットレス。
プレミアムスプリングマットレスよりもコイル数が多いのはもちろん、硬さと厚みもアップしています。
両面使用できるリバーシブル仕様なのでほかのマットレスよりもより長持ちするのも大きなメリット。
一流ホテルの寝心地を自宅で味わいたい方におすすめです。


特別割引価格でお得に試したい方はこちら



 

 

手ごろなお値段で腰痛対策をしたい方

プレミアムスプリングマットレス

プレミアムスプリングマットレス 17,998円

販売個数15万個を突破!ご購入者さまから「お値段の割に質がよい」「腰痛対策でリピート購入しました」等のご評価をいただいているGOKUMINの大人気商品です。
「ポケットコイル」×「高反発素材」をMIXすることで体全身の適度な体圧分散を実現。理想な寝姿勢で極上な寝心地をご体感いただけます。

【商品ページ】https://gokumin.co.jp/products/psmss-01

自分好みの寝心地を選びたい方


ほぐれるジェルマットレス 三つ折り

ほぐれるジェルマットレス 三つ折り 23,980円

整体師監修のSEIMINシリーズのマットレス。
「圧を逃がしてほぐす」TPEジェル面と、筋肉の気になる部分に「圧をかけてほぐす」高反発凹凸ウレタン面で“ダブルのほぐし効果”を実現し、効率よく体圧分散します。
表裏4タイプの素材をお好みに合わせて入れ替えられ、硬さや素材の違う全64パターンの寝心地が叶います。
3つ折りなのでコンパクトに収納可能な点も大きな魅力です。

【商品ページ】https://gokumin.co.jp/products/se-gelm-s-wh-01

高反発が自分に合うか試したい方

Lite 高反発マットレス ストレート~カバーなしタイプ

Lite 高反発マットレス ストレート~カバーなしタイプ 5,980円

コスパが良いと話題のLite高反発マットレスから、よりお求めやすくなったカバーなしタイプです。
カバーがない分とにかく低価格なのが魅力。
お手持ちのシングルサイズ用シーツを被せていただくだけで、高反発マットレスをご体感いただけます。

【商品ページ】https://gokumin.co.jp/products/lt-mssn-s-bk-01

 

腰痛は病気のサインかも?病院へ行く目安となる6つのポイント

慢性的な腰痛を抱えている人は多いですが、もしもあなたが以下の症状に当てはまる場合はすぐに病院へ行くことをおすすめします。

1.腰や背中が痛くて眠れない
2.前よりも疲れやすくなった
3.何もないところでもつまずく
4.急に体重が減った。
5.今までにない痛みを感じる
6.痛み止めを多用して耐えている

このコラムの冒頭で腰痛の原因は『腰椎椎間板ヘルニア』『腰部脊柱管狭窄症』『骨粗しょう症』『ぎっくり腰』などを挙げましたが、実は腰痛の85%は原因不明と言われています。
腰痛は単純に腰や背中の痛みではなく、癌や大動脈瘤など命にかかわるような病気のサインだったという症例もあるのです。
上記で挙げた6つのポイントに心当たりのある方は、一度病院で検査を受けることをおすすめします。

朝だけ腰痛がひどくなるという方ならば、寝具の買い替えで腰痛が劇的に改善する可能性もあります。
腰痛改善・腰痛対策をお考えの方は、一度GOKUMINの高反発マットレスを試してみませんか?

 

注目の商品 Pickup Item