GOKUMINコラム
寝具相談室

寝具にも含まれているホルムアルデヒドってどんな物質?

寝心地がよくて値段もリーズナブルな寝具が増えていますが、その一方で毎日使っているうちに体調不良に陥る方が急増しています。
特にウレタン素材を使ったマットレスにこのようなトラブルが多くみられますが、その原因は「ホルムアルデヒド」という化学物質です。
この物質の危険性を知らずに寝具を選ぶとさまざまな健康トラブルが発生するリスクが高まります。本記事を読んで知識をしっかり身につけておきましょう。

ホルムアルデヒドとは?

1990年代から「シックハウス症候群」という言葉を、よく耳にするようになりました。
これは、住宅に使われる木材や家具などから放出される化学物質が引き起こす、さまざまな健康障害の総称です。(化学物質以外にも、ダニやカビもシックハウス症候群の原因となります。)
体調不良をもたらす化学物質の代表格として挙げられるのが、接着剤に含まれる「ホルムアルデヒド」です。
ホルムアルデヒドは、目やのどなどに刺激を与えてアレルギー反応を引き起こすほか、濃度が上がると発がんリスクを高めるという特徴があり、濃度が高くなればなるほど健康リスクが高まっていきます。
ホルムアルデヒドは、接着剤だけでなく、私たちが身に着けている衣料の一部やたばこの煙、ネイルカラーや部屋の壁紙などにも含まれているんです。
つまり、わたしたちは、ホルムアルデヒドに囲まれて生活を送っていることになります。

ウレタン素材には要注意!

実は寝具業界ではおなじみのウレタン素材には、このシックハウス症候群の原因物質として知られる「ホルムアルデヒド」が使われています。
マットレスや枕など、ウレタンを使っている寝具を選ぶときは、ホルムアルデヒドが抑えられている商品を選ぶのが基本。しかし中には強烈な刺激臭を感じる高濃度のホルムアルデヒドを発生させる粗悪な商品もあります。吸い続けているとニオイの刺激でストレスが増大しますし、肌のかゆみも発生することから、睡眠がどんどん浅くなって深刻な体調不良につながります。
このような症状にお悩みの方は、さらなる健康悪化を防ぐためにも、すぐに安全性の高い寝具に買い替えましょう。

GOKUMINの商品は、小さなお子様にもお使いいただける低ホルムアルデヒド仕様。もちろん第三者機関に寝具から放出されるホルムアルデヒドの濃度を測定してもらっています。どうか安心してご注文ください。

注目の商品 Pickup Item