GOKUMINコラム
健美NAVI

健康的な朝ごはんは快眠生活の基本!朝食に避けたい食品とは

みなさんは毎朝、朝ごはんをしっかり食べていますか?
1日の活動のエネルギー源である朝食には、体温を上げて行動力をアップさせたり、体内時計をリセットしたりといった重要な役割があります。
忙しい生活を送っていると朝食を抜いたりメニューに無頓着になったりしがちですが、朝から栄養バランスに優れた食事を摂れば睡眠の質向上につながりますし、健康生活も維持できるんです。
本記事では健康的な朝ごはんの基本や、体にいい朝食メニューを紹介しています。
みなさんの食生活の参考にしてくださいね。

健康的な朝ごはんに必要な3つの栄養素とは?

朝ごはんに摂るべき栄養素の基本は、たんぱく質と脂質、そして炭水化物です。
健康にいいものとして、野菜サラダや果物だけを食べる方も多いようですが、このメニューではたんぱく質や脂質が不足してしまいます。
したがって炭水化物であるごはんやパンを主食に、肉や魚、卵や豆類といった良質なたんぱく質もあわせて食べるのが健康的な朝ごはんと言えるのです。

ただし、注意点もいくつかあるので覚えておいてください。
まずパン食を健康的な朝ごはんに取り入れている方は、血糖値を上げる糖質が多い菓子パンを避けること。
血糖値が上がると疲労感が増しますし、集中力も低下して午前中の活動力低下につながります。

また野菜を簡単に摂る手段として野菜ジュースを利用する場合も、糖分が加えられていないか注意してください。
健康的な朝ごはんにはパンがいいのかごはんがいいのか迷っている方もいると思いますが、パンは脂質が多いうえにバターやジャムなどを塗ると糖質の摂取量も上がります。
したがって体にいい朝食メニューとしては、ごはんを主食にすることをおススメします。
パン食にするならフランスパンのように脂質が少ない種類を選び、バターなどの使用量は最低限にするといいですね。

フランスパンを選ぶ女性の画像

夜の快眠につながる食材とは?

健康的な朝ごはんのメニューを考えるときに覚えておきたいのは、「快眠につながる食材を毎日摂る」ということです。
私たちは夜になると自然に眠くなりますが、これは脳から分泌される睡眠ホルモン「メラトニン」の作用によるものなんですね。
このメラトニンの原材料になるのが「トリプトファン」というアミノ酸で、納豆や豆腐などの豆類、牛乳やチーズなどの乳製品に多く含まれています。
トリプトファンを朝ご飯で摂取すると、メラトニンがしっかり分泌されていつも同じ時間に眠気が発生し、寝つきもよくなるというワケです。

さらにトリプトファンはメラトニンに変換される前に、心身をリラックスさせるセロトニンに変わります。
これによって、ストレスに対する耐性も高まるとか、気分の落ち込みを防ぐといったメンタル面でのメリットも得られるんです。

運動をしている快活な女性の画像
このような食品の働きも考慮して、トリプトファンを積極的に摂る健康的な朝ごはんを食べるようにしてみましょう。
睡眠にお悩みを抱えている方は、眠りの質が向上することが期待できますし、免疫力もアップして今よりもっと快活な日々が送れますよ。

美容皮膚科医

医師

山下 真理子 先生

美しい肌を保つためには、質の高い睡眠が不可欠です。
良質な眠りは成長ホルモンの分泌を促し、肌のターンオーバー(肌代謝)を活発化してくれます。また、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンがきちんと分泌されることで、
肌の老化を遅らせる抗酸化作用も期待できます。健やかで若々しい肌の輝きを保つためにも、適切な寝具を選び、睡眠環境の向上を心がけましょう。

京都府立医科大学卒業後、医師に。現在は関西にて美容医療に携わりながら美容や予防医学の講演活動などを行っている。医療教育にも従事し、総合的な美容医療の啓もう活動に努める。自身の不妊治療経験から、生理改善アドバイザーとして食育などのアドバイスも行う。

注目の商品 Pickup Item