GOKUMINコラム
おやすみコラム

新生児が寝ないのは母乳が足りないから?4つの原因と対策まとめ

授乳したにもかかわらず、新生児の赤ちゃんが寝ないことってありますよね?
母乳をずっと欲しがるわけでもなく、抱っこしても泣き止まないと、ママとパパも困ってしまいます。
ほかにも、夜になっても寝ないとか、手足をバタバタさせる動作を続けるとか、ケースはさまざま。
こうしたお悩みを解決して赤ちゃんにも安心感を与えるために、ケース別の対応策を解説します。

 

新生児が寝ない4つの理由と対策について

夜になっても赤ちゃんが寝ない原因と対策を、4つのケースに分けて解説していきます。
見落としがちのポイントが新生児の赤ちゃんが寝ない理由になっていることが多いので、本記事を参考に対処してみてくださいね。

 

1. 母乳が足りていない

赤ちゃんに授乳しても量が足りない場合はなかなか寝なかったり、寝てもすぐ目を覚ましたりすることが多くなります。
夜中は母乳の分泌量が高まる時間帯ですが、人によっては十分な母乳が出ていない可能性もありますので、母乳だけで育てている方は昼間のうちに搾乳しておいて追加であげるといいですね。
ちなみに新生児や赤ちゃんが母乳をずっと欲しがる場合、『欲しがるだけあげる』のは間違いではありません。
とくに夜の場合はママもパパも休息が必要ですので事前に搾乳する、あるいはミルクに切り替えるというような方法で対応してください。

注意したいのは、搾乳した母乳は時間の経過とともに細菌が繁殖することを考慮して、冷蔵保存して24時間以内に使い切ることです。
新生児の時期を過ぎて5か月ぐらいになると離乳食が始まりますから、母乳不足が原因で寝ないといったケースは少なくなりますよ。

 

2. 睡眠環境が悪化して不快になっている

室温や湿度が高いなど、寝ている時の環境が悪化しているときも、新生児はミルクを飲んでも寝ないことが多いです。
大人と新生児とでは快適に感じる目安が異なりますので、とくに夏や冬シーズンは適切な環境になるように加湿器や冷暖房で調整してください。
新生児や赤ちゃんの睡眠に適している温度と湿度は、夏場で25~28度、冬場で20~23度で、湿度はいずれのシーズンも40~60%です。
また、春・秋シーズンは寒暖差が激しいので、赤ちゃんも不快に感じて寝ないこともあります。
このようなケースに対応するためにも、温度と湿度はこまめにチェックしましょう。

 

3. お昼寝の時間が長すぎる

新生児は1日16~18時間寝ていますが、睡眠時間は成長するにつれて短くなっていくんですね。
それにもかかわらず、お昼寝の時間が長い状態で過ごしていると、夜中に寝ない原因となります。
赤ちゃんの成長に合わせたお昼寝の時間をつくることと、午後4時以降は寝ないようにすることを徹底してください。

下記は、月齢別の睡眠時間です。
・0~1か月・・・16~18時間
・1~3か月・・・14~17時間
・3~6か月・・・13~14時間
・6~12か月・・・11~13時間

重要なのは日によって変わる赤ちゃんの活動量に合わせて、睡眠時間も調整することです。
長い時間遊んだり、外出したりした日は、睡眠時間を長めにとるといった具合にしましょう。

お昼寝している赤ちゃん

 

4. 赤ちゃんの脳が興奮状態にある

昼間にテレビなどから音や光の刺激をたくさん受けた日は、赤ちゃんも脳が興奮してなかなか寝ないことも。
赤ちゃんが寝ない原因が見つからない場合は、こうした生活環境が影響していないか確認してみましょう。
新生児のうちからテレビの刺激は最低限にして、オルゴールなど落ち着く音楽を聞かせてみるのも1つの方法です。


以上、赤ちゃんが寝ない原因と対策を、4つのケースに分けて解説してきました。
新生児の時期は「興奮」という感情しか持っていませんが、3か月ぐらいになると「快」「不快」も感じるようになります。
このような変化も念頭において、赤ちゃんにはたくさんの「快」を与えつつ、「不快」はすぐに取り除いてあげるようにしてくださいね。

注目の商品 Pickup Item