GOKUMINコラム
おやすみコラム

夜中に暑くて目が覚めるのは自律神経の乱れのせい?原因と対策を解説

夜中に暑くて目が覚めることはありませんか?
中途覚醒が夜の間に何度も発生すると、疲れを回復させるための深い眠りが得られなくなり、ひどい場合は睡眠障害になってしまうこともあります。

 

夜中に暑くて目が覚める原因と対策

部屋は適温、むしろ寒いくらいだというのに夜中に暑くて目が覚めてしまう。
何度も目が覚めてしまって寝不足がちで困っている。
そんなあなたのために、考えられる3つの原因をまとめました。
対策についても書いてあるので、ぜひじっくり読んでみてくださいね!

 

1.自律神経の乱れ

 冬で寒いはずなのに、夜中に暑くて目が覚めてしまう。寝汗もひどい。

あなたが女性の場合、それはホルモンバランスの乱れが原因と考えられます。
女性は生理や妊娠、そして更年期など女性ホルモンの影響で自律神経の働きが乱れることがよくあり、それが睡眠時にも影響を及ぼしてしまうのです。
対策としては普段から自分の基礎体温を知って体調管理をする、どうしても症状が安定しないときは婦人科に行って相談するのが良いでしょう。


ベッドの上に座り頭に方手を額に当てる女性

 

2. 布団の掛けすぎ

冬の夜に暑苦しくて目が覚める原因は、布団の掛けすぎが考えられます。

毛布や掛布団など何枚もの寝具を使っていると、その重みで寝返りが打てなくなります。
するとカラダの一部に圧力と熱がこもって、そこに汗が集中。
しびれも感じることから、夜中に目が覚める頻度が高くなってしまうのです。
睡眠中の寝具は、温度が33度前後、湿度が50%前後に保たれるのが理想。
もし、高温・多湿の環境になっていたら、掛布団の枚数と素材を見直ししてください。
タオルケットと羽毛布団という軽い寝具の組み合わせでも、保温性がかなり高まって、朝までグッスリ眠れますよ。

 

3. 寝具の通気性の悪さ

人は寝ている間にコップ1杯の汗をかくといいますが、特にケアをしていなければ敷寝具は湿気がたまった状態に。

ジメジメした寝具で眠ると、体温で布地に染みこんだ水分が温められて蒸気になり、布団の中の湿度がかなり上昇するのです。
また新たな汗の一部は寝具に吸湿されることなくカラダにまとわりつくので、暑苦しさを感じて目が覚めてしまいます。
さらに悪いことに、汗が蒸発する時に体温を奪ってしまうので、自律神経の乱れがひどくなって睡眠障害を引き起こすことも。
手遅れにならないうちに、今すぐ寝具の湿度をチェックし、天日干しや陰干しなど寝具に合ったケアをこまめにするようにしましょう。

寝室に置かれたダブルベッド

自分に当てはまる原因は見つかったでしょうか?
その他にできる対策としては、就寝前にリラックスをすること。
ヨガやストレッチなどで適度な運動をする、音楽やアロマオイルなどで心を落ち着かせるなど、安眠に向けて心と体を準備しておくことが大事ですよ。

注目の商品 Pickup Item