GOKUMINコラム
健美NAVI

初心者も大丈夫!寝る前ヨガで得られる効果3選


約4,500年前にインドで発祥したヨガは、日本においては6世紀ごろから仏教の修行法として取り入れられてきました。
今では健康維持や精神統一のために、老若男女問わず初心者でも楽しめるエクササイズとして浸透していますね。
今回は夜寝る前に実践するヨガ習慣のメリットをお伝えしていきますので、みなさんの快眠&健康生活に役立ててください。

 

快眠効果あり!寝る前にヨガをするメリット

さまざまなエクササイズがある中で、なぜヨガに注目が集まるのでしょうか。
ここではヨガの主な3つのメリットと効果についてご紹介していきます。

 

筋力と代謝がアップしてダイエットにも役立つ

さまざまなポーズや呼吸を組み合わせて行なうヨガは、全身を使って体の奥にある筋肉(インナーマッスル)も鍛えます。
この運動で無理なく筋力アップする効果が得られますので、代謝がよくなってダイエットが進みますし、腰やひざの負担が減るといったメリットも期待できるんです。
夜寝る前に筋トレを行なうと、感神経がONになるため寝つきの悪さを招きますが、ヨガでしたら自律神経が乱れることはありませんから、初心者の方でも安心してエクササイズできますよ。

 

ストレス解消が進み自律神経が整う

ヨガにおける呼吸の基本は、鼻からゆっくり息を吸って口から吐く腹式呼吸です。
ストレスが溜まっているとわたしたちの呼吸は浅くなって、臓器に負担がかかったり、自律神経のバランスが乱れたりします。
寝る前になってもイライラして興奮した状態が続くのは、こうした不調も影響しているんですね。

また脳への酸素供給量が減って頭の回転も鈍くなるため、仕事や家事の効率も落ちるんです。
このような心身のトラブルも寝る前のヨガ効果によって改善していきますし、自律神経が整うことでストレス解消が進むという大きなメリットも得られます。

はつらつと元気な女性

 

寝つきがよくなり眠りも深くなる

わたしたちの生命をコントロールする自律神経は、活動力をアップさせる交感神経と心身の休息を促す副交感神経が対になって働いています。
そして寝る前は副交感神経が優位になりますが、不規則な生活を送っていると交感神経が活性した状態が続き、寝つきが悪いとか眠りが浅いといった症状が出やすくなるんですね。
しかし寝る前にヨガで体を動かして呼吸を整えると、副交感神経のスイッチがONになり、心身が落ち着いてスムーズな眠りに入れます。
また朝までグッスリ寝れば睡眠中の疲労回復やストレス解消も進みますし、ホルモンバランスも整いますからダイエットも成功しやすくなるのです。


このように手軽にできる寝る前のヨガにはたくさんの効果があり、夜の時間に充足感を与えてくれます。
ストレスが解消されて睡眠の質も向上すれば、日々の生活が活動的になり、心身ともに健康状態がアップすることも期待できますね。
ヨガは初心者の方でも気軽に始められますので、今日から寝る前に動画サイトなどを参考にして実践してみませんか?

美容皮膚科医

医師

山下 真理子 先生

美しい肌を保つためには、質の高い睡眠が不可欠です。
良質な眠りは成長ホルモンの分泌を促し、肌のターンオーバー(肌代謝)を活発化してくれます。また、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンがきちんと分泌されることで、
肌の老化を遅らせる抗酸化作用も期待できます。健やかで若々しい肌の輝きを保つためにも、適切な寝具を選び、睡眠環境の向上を心がけましょう。

京都府立医科大学卒業後、医師に。現在は関西にて美容医療に携わりながら美容や予防医学の講演活動などを行っている。医療教育にも従事し、総合的な美容医療の啓もう活動に努める。自身の不妊治療経験から、生理改善アドバイザーとして食育などのアドバイスも行う。

注目の商品 Pickup Item